ひとりも悪くはないもんだ。

この世に溶け込みたいと願いながらもひとり上手を極みつつあるブログ

ハゲは治る?AGAの治療最前線

f:id:hitori-jaws:20161224171758j:plain

クリスマス。

みなさんいかがお過ごしだろうか。

 

自分はというと、こんな時間にブログを更新していることから分かるように暇を持て余している。

 

だから、「暇を持て余している」という発言こそ持て余すほど溢れているだろうこの日に、薄毛について語ってみようと思う。

 

 

なぜ今日という日に薄毛の話なのか。

 

実は私の中で、サンタクロースは薄毛というイメージがなぜだか染みついている。

毛は人の体温を温存する役割を担っていそうだが、なぜだろう、髪の毛の少ない人の方が心は温かい気がする

 

多分、多分だが、

 

毛がない=自己犠牲

 

というイメージがそうさせるのだと思う。

そんな人はきっと心があったかいに違いない、と。

 

『子どもたちの絶大な味方であるサンタクロースには薄毛であってほしい』

 

だから私は今日、薄毛の話をする。

 

 

…薄毛とサンタクロースの持論について少しアツくなってしまった。

 

実を言うと私、男性型脱毛症(AGA)にはそれなりの知識がある。

その手のライティングを、それこそハゲてしまうんじゃないかと思うくらいの激務で取り組んでいた経験があるからだ。

 

ということで、薄毛記念日である今日12月25日にふさわしい、薄毛を治療するための方法を書き記してみたいと思う。

 

薄毛は治る

f:id:hitori-jaws:20161224230005p:plain

ズバリ、薄毛は治る症状だ。

 

ここでいう薄毛とは AGA のこと。 

AGAはAndrogenetic Alopeciaの略語で、早い話「男性ホルモンによる脱毛症」を意味している。

 

つまり薄毛の原因は男性ホルモンなのだ。

 

髪が男性ホルモンの影響を受けないようにすれば、おのずと薄毛は防げる、という手筈である。

 

治療には2つのコース

巷には色々な育毛・発毛治療があるが、大きく分けて2つのコースにまとめることができる。

 

①薬を使用するコース

f:id:hitori-jaws:20161224225055j:plain

薬を使用することで男性ホルモンの影響を抑えることができる。

ただ、飲み薬と塗り薬で目指すところが変わってくる。

 

▼飲み薬

男性ホルモンにはいくつかの種類があるのだけど、その中でも抜け毛に影響を与えるのがジヒドロテストステロン

この長ったらしいなんちゃらテストステロンの生成を邪魔することで薄毛の進行を食い止めていく。

 

飲み薬としてはプロペシアザガーロと呼ばれる錠剤が有名。

第一類医薬品のため病院で処方してもうらう必要があり、ドラッグストアでは手に入らないので注意が必要だ。

 

▼塗り薬

男性ホルモンにアプローチするのではなく、毛の細胞を活性化させることで、太くて健康な髪へ育てる働きをする。

 

その働きを担うのがミノキシジルと呼ばれる成分で、CMでおなじみのリアップなどに含まれている。

 

 

つまり田植えで例えると、害虫駆除が飲み薬で、水やりが塗り薬ということになる。

いわずもがな、苗は毛を示している。

f:id:hitori-jaws:20161225005247p:plain

 

②植毛手術を受けるコース

f:id:hitori-jaws:20161224234017j:plain

薬以外の選択肢としては植毛手術がある。

 

植毛といえば、リーブ○1やアートネイチ○ーといった違和感たっぷりな植毛をイメージするかもしれないが、この違和感の理由は人工毛を使用しているから。

AGAの治療に有効なのは、そんな人工毛植毛ではなく自毛植毛と呼ばれる植毛術だ。

 

自毛植毛とはその名の通り自分の毛を植毛に回す、ということ。

 

実のところ髪は、男性ホルモンに影響を受けやすいエリアとそうでもないエリアとに分かれている。

そこらへんの薄毛の人をイメージしてもらえればすぐ分かると思うのだけど、薄毛は生え際や頭頂部から進行していく。

 

つまり、生え際や頭頂部の毛は男性ホルモンに影響を受けやすい毛で、後頭部や側頭部の毛はその影響を受けにくい毛なのだ。

f:id:hitori-jaws:20161224235802p:plain

だから、男性ホルモンの影響を受けにくい後頭部や側頭部に生えている自分の毛を、薄毛部分に植毛しちゃうのである。

 

植毛された自分の毛は男性ホルモンの影響を受けにくいので、どんなに男性ホルモンが出ようと抜け落ちない

後頭部や側頭部の毛のように半永久的に生え続けていくのだ!

 

根本的な薄毛治療は自毛植毛のみ

ここで1つ忠告しておきたいのだが、薬で薄毛を治療していくためには、命が続く限り薬を使い続けないといけない欠点がある。

 

男性ホルモンの生成を抑える飲み薬や頭にちょんちょんつける塗り薬は、やめると抜け毛が再発してしまうのである。

医学的にいう対処療法どまりの治療術なのだ。

 

これは意外と盲点なので、薬だけで薄毛を治療しようと考えている人は要注意。

 

その一方自毛植毛は、1度植毛してしまえば半永久的に髪が生え続けることになる。

つまり、AGAとよばれる薄毛を根っから解決したければ自毛植毛しか方法がない。

 

それが今の薄毛医療の現状なのだ…

 

--------------------

 

あまりに暇だったから図とかも作っちゃった。

 

サンタさん、薄毛は治るのですよ。

 

だから、

 

 

あきらめないで。